Minna Kakeru

New Releases

夏のような   斉藤友秋

minna kakeru
“既に手放していたと思っていた曲が突然姿を現すときがある。その時々に馴染まず置き去りにされた曲。それらは、新しい曲ではないということで過去のものとして扱われてきた。 姿を現す度に思い出しながら演奏してみる。気に入らないわけではないのだが、遠い昔に書いた曲には過去の匂いがする。過去にこだわるのは格好悪いと、格好悪く片付ける。こんなことを何度繰り返しただろう。 経験によって技術は備わっていくが、持っている旋律の柱は変わらない。今も昔もこの先も、道を踏み外さなければ。   ここに収録されている曲は、一貫して夏の気配を含んでいる。 少年時代、毎年夏休みは母方の実家のある広島に家族で遊びに行っていた。広島の東、東城町からさらに奥地の入った神石高原町にある集落。祖父からは度々戦争体験を聞いた。 今でも夏になると神石高原町を思い出し、戦争の話を思い出す。祖父から語られた戦争を、自分のフィルターを通して見た光景は、静かで青白く寂しかった。”(作品に寄せて)   夏はサイケデリックな季節と決めつけて、二十代前半の曲はやたらと夏という言葉を連発していましたが、今になって詞を読み返すと戦争を想起させるものが多くて不思議です。その頃はレコードにハマり出した頃で、下北沢のディスクユニオンで偶然手にとり、気になって買ったレコードがPearls...

てんしんくん アルバム「パラシュート」インタビュー

minna kakeru
先日アルバム「パラシュート」を発表したてんしんくんが、てんしんくんも参加するバンド「ジョセフ・アルフ・ポルカ」のメンバーであり、愛知県立芸術大学の同級生でもあり、絵描きでもある西村友輝と木曽浩太を交えてアルバムについて話しました。※細かいので、アルバムを聴きながらお読みください!     て:てんしんくん に:西村友輝 き:木曽浩太         に:いつからこれを作る話になったの?   て:そう、あ、いきなり始まっちゃったけど、今日はバンドメンバーの木曽君と西村君を交えてアルバムについて話していきます。   き・に:よろしくお願いします。   て:いつからって話だけど、作り始めたのは、最初は「ナゴミハイツ」*1ってコンピレーションアルバム用に「けむくじゃらの犬」という曲を作ったのが最初で、その時島田君*2 にミックスをお願いして、それがいい感じにできたから「この感じでアルバムも作ろう」と島田君と話したのが確か2016年くらい。   に:コンピ用に作った曲から始まったんだ。   て:僕がミックスをざっくりやって、それを...

はじめからここに  斉藤友秋

minna kakeru
"道を歩いていると、とてもしっくりくることがある。それは当たり前にできた道で、その土地が存在した時からある道だ。その道が道の姿だったかは分からない。そんなことに感動し、ひとつひとつのものが持つ自然な姿に極力手を加えず、流れるように言葉や旋律に寄り添おうとするのだが、大抵は歪んだものがそこに残る。そんな不細工な作品と一緒に生きている。   好みの映画を観ると、夢の質感を思い出す。過去の質感のようでもある。夢は大抵目が覚めたときには忘れていて、ある日なんの前触れもなく鮮明に蘇ることがある。そんな夢は歌になる。 春や夏より秋や冬の色味が好きだ。同じ種類の色でも寂しさや温度感が違う。思い出が思い出を呼ぶ。   どこかに良心を忘れて来てしまった人。自ら選ばなくなった人。その目の前のなんでもないものについて考えてみてほしい。 突然なにかの答えが分かりそうな気がした。巨大な答えが近付いて来る。いよいよ掴むぞという瞬間、答えは消え去っていた。あれは別の時間からやって来た答えのような気がした。" (作品「はじめからここに」に関するノート)   上記の文章は、作品「はじめからここに」のための書いたもので、CDなどにする場合にのせようと思っていたのですが、腐りそうなので発表します。 収録されている楽曲の詞をざっくり説明...

Changing / Tenniscoats

minna kakeru
https://youtu.be/cnxaM3m4agk   Movie Directed by Noriko Oishi   Album 'Changing' / Tenniscoats : https://minnakikeru.com/item/al:HoAFGrR6hl   Song & Lyrics written by Takashi Ueno (Tenniscoats) Arranged by Tenniscoats (Vocals, Gr), Mirai Oukura (Beat, Keys)   Recorded Mixed by Saya Mastered by Bunsho Nishikawa   Shooted at Maruki Gallery For The Hiroshima Panels in Apr.2020 Thanks to : Yukinori Okamura Yusuke Watanabe Katsutoshi Nishikori    
>