Minna Kakeru

Columns

戸川純さんの「好き好き大好き」の英訳  ピータージョセフヘッド

minna kakeru
戸川純の「好き好き大好き」の歌詞を英語に訳して演奏と曲の英語での解説の動画を作りました。 日本人だったら多くの人は前から戸川純さんのことが知っているでしょうが私は割と最近知りました。 不思議な人だなと思いました。 新しいものを知るとついついに知っているものに比べてしまいます。 ビデオで戸川純さんは、 レディー・ガガ、ビョーク、マドンナ、デヴィッド・ボウイとか、といった感じの人かもしれないといいましたが「テニスコーツ」と「みんなきける」でよく知られているさやさんにも共通しているところもあるようにも思えました。 戸川純さんのことを気になることになって彼女の代表的な曲「好き好き大好き」の英訳を作ることにしました。 曲の雰囲気から予想していたより断然に強烈でエグい内容の歌詞でした。あまりにも暴力的、しかも女性にたいして暴力を描いているところが多くて、今の時代に通用しないかもしれないと思いました。あるいは文化的な違いもあるかなと思いました。 演奏して紹介文章も付けてこんな感じになりました。 https://youtu.be/IPGNOKLMOIE 英語で戸川純さんの歌詞と解説ををここにも載せていますがこんな感じに訳しました: 常識をはるかに超えてつのる想い 突然変異的に勃発したバラ色の恋 Beyond...

ひこねとみんなかける 3  とめだいおん

minna kakeru
想像と擬音で書き続けるおはなし   テニスコーツワンマン公演2020.10.10(sat)@Namba BEARS   ここ数年のテニスコーツの演奏形態でスタンダードだったアコースティックな部分が排除された内容。エレピ、エレキギター、トラックレコーダー、音楽的な事は説明出来ないけれど、電気回路を介してより「人の音」となったイメージでした。「さやさんと植野さんそのまんま」みたいな、「いろいろやってきて料理人もやってから書道家になった」みたいな。ずーっと変化しつづけて変化しないテニスコーツ   「しろいもの」のさやさんの声と泣かそうとしてるかの植野さんのギター「changing」でのふたりのことば、ゲストのHIROさんを招いての「これからもよろしく」コーナー、いい音ばかり聴けて幸せでした。コロナ禍がいつまで続くかわからないけれど、奥成さん、ベアーズのおかげでいい時間過ごせました。ありがとうございました。   テニスコーツが元気でよかった!   ここからは多少彦根や他の地域も関わるかな、ここからも完全に個人的見解です↓   基本的にテニスコーツの関西公演しか観にいかないが、各会場で感じる「テニスコーツの家」感はなんなんだろう。 &n...

ひこねとみんなかける 2  とめだいおん

minna kakeru
  せーのっ     ラッコ 最高ー!!!!!!       新たな人との出会いに関心が無かった   「地元に好きな人達が全然来ないから、とにかくこの場所に基準を作らなければならない」それだけが行動基準だった   音楽イベントを連続で組みはじめてからすぐ、1回目にも登場する野本さんの企画でテニスコーツが来てくれた。以前から名前は認識しており、演奏は見たことがなかったが、何故か強く惹かれていた。直前に公開された山本精一さんと植野さんが2人きりで話す動画を観てライブに行く事を決めた   この日の2人の共演者はACID MOTHERS TEMPLEの河端一さん。会場に入るとさやさんがノートを見ながら何かを考えている。今となっては見慣れた光景だが(ふたりがリハ後に「練習、練習」といいながらどこかに行くのが好き)出演者が会場の中で何か考えてる姿を見せる人をこの日まで見ることがなかったからよく覚えている。     「なんかいいな」と思いながらしばらく見ていると、さやさんと目が合いちょっと警戒されてしまった気がする。植野さんはどこかを流していたのかな。 海外ライブツアー後、飛行機の中で体調が悪化し...

「みんなきける」の地形学  ピーター・ジョセフ・ヘッド

minna kakeru
最近,この「みななきける」のブログ(で呼んでいいかな?)で植野さんはLil Wayneの音楽を「そびえ立つエベレスト」で例えています。最近僕は「みんなきける」を色々聞いて新しい世界を探検している気分です。この新世界にもいろんなところから見える山があります。それはやっぱり植野さんが今まで産み出してきた数々の音楽の作品の山です。 「そびえ立つエベレスト」まで行かないかもしれないけど、みんなきける大陸のどこに行っても目に入る目印になっています。まず、植野さんがなにかの形で関わっている作品を数えてみたいと思います。   まず、「植野」という名字が載っているアルバム表紙は6つあります:Ueno Bosa 2007, Ueno Action, Zayaendo Plays Ueno Action, Ueno Folk 100, Repracticing EP, Moere。テニスコーツのものも入れたら14個になります。更にVenotagashi名義でやっているソロギター3つの作品入れたら何と17個に増えます。でもこれは遠くから見える山の頂上、氷山の一角的、にしか過ぎません。「みんなきける」をどの方向から見ても植野さんの影響はしみじみと滲んでいます。富士山が湖に映るみたいな感じに。と言ったら外国人的な発想かもしれませんが。 「みんなきける帝国」入り口から入っ...

ひこねとみんなかける  とめだいおん

minna kakeru
さやさんからの唐突なお誘いにのっかり書いてみた   滋賀県の彦根に共有スペースがある 「彦根ダンスホール紅花」という テニスコーツのおふたりや、「みんなきける」に参加している多くの皆さんに頻繁にお越しいただいている。 この場所の歴史はコチラに↓ https://bookbook-live.appspot.com/hikone_benihana   この文章から3年   スナック街の端に位置する彦根ダンスホール紅花はコロナ禍に突入するまでに 「やりたいことをやりながら最低限の配慮は徹底する」 という、ざっくりな基準になった バンドサウンドは昼以降スタート19:00までに終了 弾き語りやソロ演奏系統でも21:00以降絶対に音を漏らさない音量でというルール この2点しか徹底していないが、防音工事も出来ない中、潰そうとするあからさまな苦情も勢力もなく存続 周囲には感謝しかない どうやらもうしばらく続けていけそうだ 現状4名で管理している 共有者によって願いも楽しみ方も様々   「整理整頓大好き、webも簡易的に作るよ!サービス精神旺盛、紅花大好き、みんなの好きな音楽をこの場所でただ共有したい人」   「ツアーバンドを受け...
<>